MALICE MIZER / Moi dix MoisのギタリストManaにより1999年に設立されたブランドMoi-même-Moitiéの20周年を記念して開設するオンラインサロンのスペシャルコンテンツ『Mana様×著名ゲストによる緊急対談』。今回は、MALICE MIZERの元ローディーという経歴を持つボーカリスト、ウミユリ、雨や雨のHitomiさんが登場!<Deep Sanctuary VI 〜MALICE MIZER 25th Anniversary Special〜>ではMALICE MIZERの楽曲を見事に歌い上げた彼とMana様との、いわば師弟対談です!(文・構成/本田水奈子)

――お二人は、2018年10月の豊洲PIT以来だということですが、今日はなんの話をしましょうか。
Hitomi:好きなものの話とか聞きたいです!
映画の話とかゲームの話とか!
Mana:ゲームやるんだ?
Hitomi:やります!最近だとPS4のゲームでホラー系のゲームにハマってるんですよ。
Mana:へぇ。
Hitomi:『DARK SOULS (ダークソウル) 』シリーズとかってやりますか?
Mana:最近のゲームソフトには手をつけてないな。レトロゲームマニアだからね私は。
Hitomi:最近のは興味ないですか?
Mana:なくもないんだけど、車のゲームくらいしかやっていないかも。
Hitomi:そうなんですね〜意外です。ホラー系のゲームをやってそうだなと勝手に思っていました。
Mana:『バイオハザード』のVRゴーグルつけてやるやつやった?
Hitomi:『バイオハザード7 レジデント イービル』ですよね。
Mana:めちゃくちゃ怖いっていう噂は聞いてて。
Hitomi:僕、それこそヘッドセットを買ってやったんですけど、怖い以上にめちゃくちゃ気持ち悪くなっちゃって……。
Mana:酔うってこと?
Hitomi:酔います。長時間は無理です。30分くらいしかやってられません。
Mana:そうなのか……。
Hitomi:ただ、ものすごく怖いです。その場に自分がいる感覚になるし、振り向いたらいきなり後ろにゾンビがいたりするので、すっごい怖いです。
Mana:振り向くって、気配がするとか?
Hitomi:音が立体的なんですよ。
Mana:仕事で関わった人に
「心臓が止まるほど怖いからやるんだったら心してやった方がいいよ」
って一応告知はされたんだけど、まだやってなかった。

Hitomi:(笑)
早く3D酔いみたいなものを無くせるようなものが開発されると良いですけどね。
処理スピードなんかがもう少し上がると少しは酔いが軽減されるんじゃないかって話も聞いたことがあります。
Mana:PS5は買うの?
Hitomi:買います!
Mana:PS5になると、処理速度も変わってるだろうし3D酔いも含めいろんなことが改善されてるんじゃないかな。
Hitomi:もしかするとちょっとマシになるかもしれないですよね。
ただ発売日には全然買えなかったので落ち着いてからかなぁ、と。
Manaさんも買いますか?
Mana:欲しいね。
Hitomi:ハードマニアですもんね。
Mana:それにPS4と互換性があるって聞いて、それはすごい大きいなと思うね。
コントローラーの○ボタンが×ボタンになってしまうという問題はあるけど。

Hitomi:Manaさんにお薦めのソフトがあるんですよ。
Mana:なになに?
Hitomi:もともとPS3のソフトで、年明け春ぐらいにPS4でのリメイク版が出るってことで話題になってるタイトルなんですけど。
Mana:なんだろう。
Hitomi:『NieR Replicant(ニーヤ・レプリカント)』って知ってますか?
Manaさんにものすっごいお薦めです。
Mana:わかんないなぁ……。
Hitomi:シリーズものなんですけど、ストーリーがものすごく良いのと、音楽がものすごく良いです。
Mana:ほほぉ。
Hitomi:とにかく、ストーリーがものすごく暗い。
Mana:へぇ。
Hitomi:Manaさん、暗いの好きじゃないですか?
Mana:そうね。ちょっとやりたいかも。
Hitomi:善悪とは何か、みたいな。一方から見た善悪ではなく多角的に見た善悪。
それぞれが思う善悪のために戦っていて、それがいろいろやるせない。
どちらが正しいわけではなくそれぞれが自分の正義のために戦っていて、深いんですよ。で、切ないんですよ。
『NieR Replicant』もだいぶ先の未来の話なんですけど、そこからさらに先の時代を描いた『NieR:Automata(ニーヤ・オートマタ)』っていう作品もすごく良いですよ。
登場人物が人間ではなくアンドロイドなんです。
で、舞台は地球上なんです。
宇宙人が機械の兵隊を送り込んで来て、人間がそれに対抗するためにアンドロイドを地球に送り混んで、地球をかけて代理戦争みたいなのをずっとしているんです。
で、主人公は人間側に派遣されたアンドロイド。
Mana:ふーん。
hitomi:戦争をしていくんですけど、物語が進んでいくにつれ意外な事実が分かったりっていう。
Mana:舞台設定は近未来なの?
hitomi:だいぶ先の未来です。
Mana:世界観的にはブレードランナーみたいな古い感じのタイプか、それともキラキラしたタイプかどっち系?
hitomi:一回地球上の文明が滅んだあとの、荒廃した地球なんですよ。
だからすごい廃墟みたいになっています。
廃墟化した街なんだけど水が流れていたり木が生い茂っていたり。
Mana:いいねぇ。
hitomi:文明が滅んでからだいぶ時間がたっているので自然が再生していたりして。

Mana:なるほどね。そもそもゲームっていつくらいから始めたの?
Hitomi:小学生の頃ですね。
一番最初にやったのはファミコンのスーパーマリオが出た時かな。
Mana:当時からけっこう遊び倒してたタイプ?
Hitomi:はい。友達がPCエンジンとかディスクシステムなんかを持っていたので、友達の家に行って遊んだり。
そこからファミコン、スーパーファミコン……。
Mana:メガドラは?
Hitomi:メガドライブはやってないですね。
友達の家にはあったんですけど。
Mana:3DOは?
Hitomi:やってないです!(笑)
そのへんのハードって憧れのハードではあったんですけど、なかなか当時では手が届きませんでした。
Mana:高かったからねー。
3DOは初の32Bit機だったから。

Hitomi:そうですよね。あの当時のゲーセンに近いクオリティでしたもんね。
Mana:今やるとどうってことなく見えるけど、当時はビックリしたよね。
Hitomi:アーケードゲームのクオリティのものが家で遊べるっていう。
Mana:あとNEO GEOっていうのもあったけどね。
Hitomi:すごいですよね、あのへんは。





Hitomi(ウミユリ、雨や雨)
https://twitter.com/Hitomi_Vo


後半のトピックは…
■ローディーHitomi、スーツで機材を運ぶ
■憧れの、ヴィジュアル系たる生活様式
■Hitomiの鼻歌。インディーズのあの曲ってなんでしたっけ?



この続きはサロン会員専用ページにて公開!
 https://lounge.dmm.com/content/8590/

上部へ戻る