MALICE MIZER / Moi dix MoisのギタリストManaにより1999年に設立されたブランドMoi-même-Moitiéの20周年を記念して開設するオンラインサロンのスペシャルコンテンツ『Mana様×著名ゲストによる緊急対談』。今回は、MALICE MIZERのアバンギャルドなギタリスト、Köziさんの登場です! 待望の赤×青対談、お楽しみください。
(文・構成/本田水奈子)


――この2ショットでの対談というのはかなり珍しいですよね。

Közi:まったく無かったことはないかもしれないかもしれないけど。
Mana:近年は無いね。
Közi:Moi-même-Moitiéのオンラインサロンからのお呼ばれだからファッションの話をした方がいいのかな?
Mana:いや、そんなことはないよ。読者が面白ければなんでもいいし。
Közi:そんなに俺、ファッションのことは語れないかもよ。ってゆー。
Mana:今まであんまり語ったことがないようなおもしろ話とかでも全然。
Közi:俺もManaちゃんも、あんまり出していないおもしろ話を出していきましょうか。そういうことで、よろしくお願いします。
Mana:まあたぶん初めて出会った時、こっちは腰まであるすっごい長髪で髪の毛緑色で黒づくめだったから、怪しいヤツが入ってきたな、という感じだったんじゃない?
Közi:バイト先でね。俺が先にそのバイトにいたんだよね。この話はちょいちょい色んなところでしているかもしれないけど、割と当時は派手な色の髪のヤツとか長髪とかのバンドマンって働ける場所があんまりなかったから、そのカラオケパブってそういう人たちが集中して働いてたんだよね。
Mana:うん。
Közi:そこに大阪からManaちゃんがやって来たんだけど。おぉ!「すげぇヘヴィメタの人キター!」ってなって。
Mana:たぶん、愛想悪かったんじゃない? 第一印象。
Közi:愛想悪かったね、Manaちゃん(笑)
Mana:でしょー(微笑)いや、あのね。まだ20代前半だったから尖ってたのよ、たぶん。
Közi:俺の印象も悪かったでしょ?
Mana:目付き悪かったからねーみんな尖ってたよね。僕も大阪から来て東京の事情をよく分かってなかったから、東京のバンドマンってどうなんだろうって、ちょっと身構えたというか。
Közi:そこ、当時バンドマンしか働いてなかったからね。
Mana:そうだね。
Közi:俺はManaちゃんと出会う前にGIRLっていうバンドを東京でやってたんだけど、同じ時期にManaちゃんも大阪でガールっていうバンドやってたんだよね?
Mana:やってたねぇ。
Közi:Manaちゃんと出会う前、たまたま『ロッキンf』っていう音楽雑誌の後ろの方にあるインディーズバンドのライヴ告知のページを見てたら、大阪のガールってバンドの告知が載ってて。それ見て「大阪にも同じガールって名前のバンドがいるのか〜」って思ってて。結構ド派手な。
Mana:そうね。だいぶ派手だったね。
Közi:やっぱ大阪のバンドは派手なのが多いな〜ってその時思ってさ。その後バイト先でManaちゃんと知り合ったんだけど、後々あの大阪のガールにManaちゃんがいたって言うのが判明したんだよね。
Mana:そうね、そういう話になったのを今思い出した。
Közi:俺とManaちゃんが同じバンド名でやってたのは相当偶然だよね。まぁ、当時他にも2つくらいガールって名乗ってるバンドいたけど(笑)。でもアレっすよ。当時出会ったときの印象で言うと、すごい長髪で緑色でいっつもペイズリー柄のシャツ着てんなこの人、みたいな。
Mana:(笑)何度も言うようだけど、ペイズリー柄好きだったからね。
Közi:最近あんま着てないよね。
Mana:(笑)最近は着てないね、全然。
Közi:もうブームは去ったみたいな?
Mana:いや、着たいね。
Közi:じゃあMoi-même-Moitiéでペイズリー柄の服、出せばいいんじゃない?
Mana:売れるんだろうか・・・(遠い目)
Közi:いいんじゃない? Moi-même-Moitiéでペイズリー。
Mana:まぁ、ずっとペイズリーペイズリー言ってるからね、遂に出た!って感じになるかもね、念願の。
Közi:念願の……って、誰の!? 俺の! みたいな(笑)
Mana:(笑)
Közi:でもぜんぜん、ゴシックテイストにペイズリーを取り入れようと思えばニュアンスにハマると思うけど。サイケっぽい色使いじゃなく、寒色系とかで黒と合わせれば。
Mana:まあ、そうだね。
Közi:ほんとペイズリー好きだよね、って思ってよ当時。
Mana:学ランの裏地もペイズリーだったからね高校生の時。
Közi:好きが過ぎる! 特注?
Mana:特注。Köziは学ランどんなんだったの?
Közi:俺はなんだったかなぁ。刺繍系だったけど、あんまハッキリ覚えてないな。
Mana:短ラン?
Közi:短ラン。短ランボンスリだったね。
Mana:お! 一緒だね!

――ところで、ボンスリってなんですか?

Közi:え、知らない? ボンタンでスリムなやつ。
Mana:先が細くなってるの。
Közi:そうそうそう。最近でいうと『今日から俺は』の三橋のスタイル。Manaちゃんも知ってる?『今日から俺は』
Mana:知ってる知ってる。
Közi:お、意外とMana様ドラマ見ている!
Mana:けっこう何だかんだヤンキー漫画世代だからね(微笑)
Közi:ああ、そうね〜。
Mana:なので、学生服にはすごいこだわりを持ってて、当時広島の市内まで学生服を作りに行ってたんだよ。特注してもらうために。
Közi:ほぉ。まあ、変形学生服売ってる店も少なかったもんね。
Mana:無かった。
Közi:軽くヤンキーだったの?
Mana:いや。あのぉ、……ロッカーです。当時はヤンキーもロッカーも変わらなかったでしょ。(微笑)
Közi:そうね。まあ、田舎に行けば行くほどアレもソレもいっしょくただったよね。
Mana:髪もモヒカンだったしね。なぜモヒカンなのにペイズリーなのかって言われるとアレだけど。
Közi:(笑)出会った頃、Manaちゃんから聞いたような気がするけど、“女形なMana様
”になる前はド派手なパンクっぽいスタイルで鋲ジャンみたいな…って感じだったんでしょ?
Mana:とにかく80年代ハードコアなファッションが大好きだったのでね。鋲打ちもブワァーっとやってて。あ、そういえばKöziの皮ジャンにバフォメット描いた気がする!
Közi:ああ、描いてもらった!
Mana:でしょ?
Közi:それ未だに家にあるよ、俺。
Mana:え!?
Közi:あるある。それ、俺が東京に出てきて初めてアメ横に行って買ったやつなんだよ。アメ横にあるじゃん、お店。
Mana:あるね。
Közi:そこでライダース買って、ずっと持ってたやつなんだけど、Manaちゃんに絵を描いてもらったんだよね。
Mana:せっかくだからかっこいいバフォメット描こうって。背中にドカーン!と。
Közi:そんなに着てないから保存状態もいいと思うよ。
Mana:お。
Közi:バフォメットの他にもいろいろ描いてあって。
Mana:そうだっけ!? バフォメットをドカーンと描いたのは覚えてるんだけど。
Közi:The Missionのロゴとか。
Mana:あぁ! 思い出した! KöziがThe Missionが好きだっていうから「じゃあミッション書こうか」って(笑)
Közi:そうそうそう(笑) マッキーかなんかでササッと描いてくれたよね。
Mana:基本、下書きとかしないんで。
Közi:迷いなく。
Mana:描くときは迷いないね。
Közi:じゃあ、家帰ったらその皮ジャン写メって送るよ。
Mana:おぉ!見たいね。
Közi:この記事出るときに一緒にアップしたらいいんじゃない?
Mana:そうだね。そいえば……僕も皮ジャン持ってたんだよなぁ。それは髑髏がバイオリンを弾いてるっていう絵を描いたんだけど……あれ、キンゾー(当時MALICE MIZERローディー)にあげたよね?
Közi:なんとなくソレ覚えてるような気がする。
Mana:髑髏が鎌かなんかでバイオリンを弾いてるのを背中にドカーンと描いたやつ。
Közi:骨じゃん?
Mana:骨だっけ。
Közi:なんとなく覚えてる。
Mana:たしかキンゾーにあげたんだよ。「耽美な方向に行くからもういらない」って言って(笑)
Közi:耽美な方向に行くって決めたときから、自分の周りにあるパンクなものとかペイズリーの物とかは処分するってなったの?
Mana:うん……。でもそれがね、今後悔してるんだよ。パンクのライダースとか結構持ってたし、いろいろパンク系の物を持ってたんだけど捨てちゃって、今となってはすごい失敗したなと。
Közi:昔の広島にいた時の激しいヤツとか写真では見せてもらったことあるけど、東京で出会ってからは割と最初から女形だったじゃん。
Mana:そうね。パンクのパの字もなかったね、たぶん。
Közi:ライヴの時とかも、前髪が工藤静香みたな時とかあったよね。
Mana:まぁ時代的にね。(微笑)
Közi:すだれ?
Mana:カチカチに固めてね。
Közi:90年代はじめの頃ね。
Mana:あの頃には、もうパの字は捨ててしまってたね。パンクはほんと好きだったんだけどね。Köziが赤髪で半剃りにした時あったでしょ?
Közi:うん。『虚無の中での遊戯』の頃でしょ?
Mana:うん。あの当時、ここにツノ作ってたじゃん。
Közi:ああ。半剃りの剃ってあるところに一部分だけ残してたときね。
Mana:ああいうヴィジュアルすごい好きなんだよ。
Közi:割とデスサイド(ジャパニーズハードコアバンド)意識してたやつね。
Mana:うんうん。ああいうのやりたいなぁ、と未だに思うね。
Közi:今からでもいいじゃないですか!
Mana:う、うん。
Közi:ちょっと半剃りしましょうよ!
Mana:半剃り……
Közi:Mana様の半剃り!
Mana:うーん。でもね、好きだよ、ああいうハードコアスタイル。
Közi:ってことは、エレガントでゴシックなものももちろん好きだけど、その一方で真逆の激しいのも同時に好きだってことだよね。
Mana:そう。やっぱりものすごい好きだね。
Közi:Manaちゃん、ウニ頭好きだもんね。
Mana:とにかくモヒカンは絶対高さが必要!
Közi:うん。
Mana:でもウルトラマン系はイヤなんだよ。
Közi:細いヤツ?
Mana:細いヤツ。結構デカめのやつがブワーっと立ってるのが好きで。
Közi:でも真のハードコアとかのモヒカンって、逆毛立てずにペラッペラのヤツでしょ?
Mana:そうだね。でも、ああいうのじゃなくて太目が好きなの。
Közi:ちゃんと逆毛が入ってて巨大なやつだ。
Mana:フワーッてなってるの。
Közi:Manaちゃんはいろんな美的感覚が交錯して出来上がってるんだね。

後半のトピックは…
■Mana様ライヴを観に行く
■スパルタMana様のブラストビート
■マイウーなKöziさん!?
■Mana様とネグリジェ再び!?
この続きはサロン会員専用ページにて公開!

https://lounge.dmm.com/detail/1686/
 
上部へ戻る